LIFE SHIFT

三十歳の原点~LIFE SHIFT~

社会人大学院生の日記。新たな働き方を模索中。

ひとりカラオケ5時間の実態

f:id:chai-chan:20160128222103j:plain

思い立って、ひとりカラオケに行ってきた。ときどき、3か月に1回くらいのペースで無性に歌いまくりたくなる。といっても、別に歌がうまいわけではなく。とりたててカラオケが大好きというのでもない(音楽は好きですが)。たぶん、腹の底から目いっぱい大きな声を出すということが、精神衛生上必要なことなのだと最近は思っています。

いつもは2~3時間程度のところ、今日はフリータイムで計5時間歌いっぱなし。喉はガッサガサですが、気分爽快です。知人に話したら、5時間どうやって一人で過ごしたんだ!?と言われたので、私の過ごし方をまとめてみます。

 

ひとりカラオケ5時間の過ごし方

1.とりあえず好きな曲からどんどん歌う

最初は、とにかく自分の歌いたい曲をガンガン登録して、片っ端から歌っていきます。友人と行くカラオケも楽しいですが、なるべくみんなが知っている曲にしようとか、メンバーの顔ぶれやその日のノリによって選曲を変えるとか、いろいろ気を遣いがちです。ひとりカラオケではそんなことを気にせず、好きな曲を好きな順番で好きなだけ歌います。これで1時間くらいは、あっという間に経過します。

2.好きな歌手を徹底的に歌い尽くす

ひととおり好きな曲を歌い終えたら、次は「今日はこの人!」と決めた歌手の曲を集中して歌いまくります。時間があまりないときは1~2人くらいしかメドレー化できませんが、今日はフリータイムだったので、安室ちゃん→林檎ちゃん→ミスチル→B'z→ブルーハーツを徹底的に歌いまくっているうちに2時間くらい経ってました。

3.懐かしい曲を歌う

つづいて、なつメロを検索していきます。5年前、10年前、15年前と、どんどんさかのぼって当時のランキングを検索し、歌いたい曲を探していきます。これ昔すきだったな~、でもサビしか覚えてないな~と思っても、歌ってみるとけっこう覚えているもので。じわじわテンション上がってきて、思いのほか楽しめます。

4.人前で歌えそうな当たり障りのない曲を練習しておく

これは一応、念のためやっていることですが、職場の二次会とか、選曲に気を遣うメンバーでカラオケに行ったとき用に、歌える曲を準備しておきます。いつも同じ曲だとあんまりだし、一度歌ってみないと音域が出るかわからないので、ひとりで来たときに歌ってみることにしています。

5.今日ハマった曲を最後にもう1周歌って締める。

最後の締め、これをやらないとスッキリ帰れません。いろいろ歌いまくったなかで、楽しかった曲をいくつか選曲して、最後にもう1周します。何度もおんなじ曲が歌えるのも、ひとりカラオケの楽しいところです。

※その他:疲れたらPV見て過ごす

ちょっと歌い疲れたり、まとめて選曲してしまいたいときは、ライブやPVなど本人映像が流れる曲をバックミュージックにかけておきます。今日は広告動画で少女時代(韓国のアイドルグループ)をやっていたのでPVをかけてみたら、その可愛さとスタイルの良さにウットリしてしまい、延々5~6曲、おじさん目線でゲヘゲヘ見てしまいました。

 

ダイエットとしてのカラオケと消費カロリー

カラオケダイエットなるものがあるそうで。調べたら1曲あたり平均して10kcal消費するらしい。今日は5時間歌い続けたので、1曲平均5分と換算すると、およそ60曲歌ったことになります。つまり、今日1日で600kcal消費。日常の運動に置き換えてみると、ウォーキング6時間分、ランニング1時間半に相当するそうです。

 

ひとり旅にひとりカラオケ、ひとりメシなど、どんどん一人遊びが充実してきている今日このごろ。年を重ねるって楽しい。

 

※冒頭画像:https://unsplash.com/photos/C1tnzdAmPE8

広告を非表示にする