LIFE SHIFT

三十歳の原点~LIFE SHIFT~

社会人大学院生の日記。新たな働き方を模索中。

喪失感と向き合わないために、旅に出る

f:id:chai-chan:20160330185512j:plain

先週から慌ただしく毎日を過ごしている。年度末は毎年のことだけど、今年は退職という大きな転機なので尚更だ。あえて意識的に、中欧旅行の計画まで詰め込んだ。今は日々こなさなければいけないことを淡々と消化して、疲れ切って眠りについている。送別会や、別れを惜しんで会いに来てくれる人や、それぞれの思いを込めた激励メールには、そのつど心を揺り動かされる。でも、それに浸っている余裕はない。考えすぎる暇がないのは良いことだ。

情けないけれど、特にここ数日、ちょっと気を許したら涙腺が緩むことが度々ある。自分が何者でもなくなる心許なさと真正面から向き合うのが怖い。だから、何も考えないように心を硬くしている。異動内示を見た同僚から連日届くメールも、送信者名だけ確認して、内容はほとんど読んでいない。他人の意見なんか気にしないと言いながら、さまざまな反応に胸がぎゅっと苦しくなる。そんなんじゃだめだと思いながらも、生来の性格はそう簡単に変わらないもの。

この喪失感と向き合わないために、私は旅に出る。退職したその足で、飛行機に乗る。完全なる現実逃避であり、自己防衛の旅でしかない。逃げたところでどうなるものでもないけれど、いま重要なのはタイミングだ。一番きつい時期に、痛みをごまかせればいい。旅行から戻ってきて、引越をして、新しい場所で新しい生活が始まった頃には、この痛みなんかカサブタになって、ウキウキと未来のことしか考えられなくなっているかもしれない。そうであってほしい。

そんな現実逃避の旅を、今回だけは正当化したい。

※冒頭画像:https://unsplash.com/photos/rf6ywHVkrlY

広告を非表示にする