LIFE SHIFT

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三十歳の原点~LIFE SHIFT~

社会人大学院生の日記。新たな働き方を模索中。

還暦の誕生日は美しいグレイヘアで

f:id:chai-chan:20170424180625j:plain

女33歳。このところ、めっきり白髪が増えてきた。

思い返せば、母が40代の頃から白髪染めを手伝ってあげていたので、いつか自分も、とは思っていたけれど、想定よりちょっと早すぎる。美容院で染めてもらうほどじゃないけど、たまに見つけて抜くのでは追いつかないレベル。そんなわけで、早くもちょこちょこ白髪染めにトライしている。自宅で一人で染めてみるのだが、これがなかなか骨の折れる作業。そうか、年をとるっていうのはこうして手間暇かけるってことなんだな、と少しずつ加齢を噛みしめる今日このごろ。

 

ところで私には、60歳になったらやろうと決めていることがある。それは、美しく白髪デビューすることである。

f:id:chai-chan:20170424182542j:plain

あえて白髪染めをせず、白髪でも銀髪でもグレイヘアでもグラニースタイルでも呼称は何でもいいけれど、とにかく白髪をベースとしたヘアスタイルに60歳をきっかけに一新したい。

f:id:chai-chan:20170313143856j:plain

憧れの例はたくさんある。でも、加齢に身をゆだねて衰えていくだけでは、どうやらそのスタイルにはなれないらしい、ということが最近少しずつわかってきた。

f:id:chai-chan:20170313144142j:plain

美しい白髪の人はきまって、髪も肌も艶やかだ。そして髪にはふんわりとした十分なボリュームがあり、決して伸ばし放題にはしない。服装も、髪の色によく合ったカラーをかっこよく着こなして、口元には明るい色のルージュを引く。立ち姿は背筋がピンと伸びていて、歩くときは風を切るように颯爽としている。まさに、小股が切れ上がった女性。そんなイメージ。

f:id:chai-chan:20170424184223j:plain

たぶん、白髪が素敵に似合う女性は、若い時から素敵だったに違いない。若い時からグレイヘアにしてたって、たぶんとびきりかっこよく似合っていたに違いない。長い時間をかけて、一生付き合っていく自分の心身を丁寧に磨いてきた結果だとしたら、その美しさの素地は一朝一夕に得られるものじゃない。

 

そんなわけで私も、当面は髪を傷めない天然成分を選んで白髪染めをし、心と体を鍛えながら、いつかやってくる還暦の日を心のどこかで楽しみにしている。

 

※画像リンク

https://joshi-spa.jp/522598/2

http://otona-stylemag.com/posts/magazine/18374.html

http://siragamaster.com/category4/entry91.html

http://france33.exblog.jp/23105203/

http://beauty-air.jp/not-coloring

http://dosuru40.com/concierge-san/17408/

広告を非表示にする