LIFE SHIFT

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三十歳の原点~LIFE SHIFT~

社会人大学院生の日記。新たな働き方を模索中。

30代、エンディングノート(遺言)を書いてみる。

f:id:chai-chan:20151102121521j:plain

きっかけ

私の母は、40歳を過ぎた頃から、もしもの時の準備をしていました。ときどき私を寝室に呼んでは、自分に万が一のことがあったらこの手紙を開けなさい、戸棚の鍵はここに隠してあるからね、と言っていました。そのときは、いつもの心配性がまた始まったよ…と思いながら、ハイハイと受け流して聞いていたのですが、それから十数年後、50代半ばで母は亡くなりました。

病院で亡くなった母を実家に連れてもどり、枕飾りなどの準備を終えたあと、葬儀の相談をする家族や親せきの輪からはなれて、私は例の隠し場所にむかいました。生前言われたとおり鍵を取り出し、厳封された手紙をはじめて開けました。そこには、自分の葬儀に関すること、財産のリスト、相続方法など、必要なことがシンプルに書かれていました。遺影として使う写真まで、自分で選んで入れてくれていました。家族の元に戻り、手紙のことを伝えると、皆が絶句し、涙を流しました。母は、手紙の存在を、他の誰にも話していなかったのです。

この手紙のおかげで、重要なことはすべて母の考えどおりに進めることができました。これを遺すことが、どれほど優しさにあふれた行為であるかを身をもって知ったのです。私も何歳まで生きられるかわからないけれど、年齢に関わらず自分の最期を意識して生きよう、母と同じようにエンディングノートを遺そうと、このとき切に思ったのでした。

エンディングノートとは?どれを使う?

続きは以下からどうぞ!(note無料記事)

広告を非表示にする