LIFE SHIFT

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三十歳の原点~LIFE SHIFT~

社会人大学院生の日記。新たな働き方を模索中。

今を生きること。

近畿大学卒業式での、堀江貴文さんの贈る言葉が話題になっています。

私もまた、心を揺さぶられ胸を熱くした者の一人です。

敷かれたレールを歩く人生から、自分の人生を歩き始める卒業生に、堀江さんの言葉がちゃんと届いているといい。今はすべて理解できなかったとしても、社会に出て道に迷ったとき、思い悩んだとき、ふと思い出される言葉であってほしい、と切に願います。

 

「未来のことを考える意味なんてない。そして過去を悔やんでいる暇なんて、君たちにはないはずだ。これからはグローバル化で競争が激化していく。どうすれば楽しくできるか。それは、今を一生懸命生きることだ。」

 

私自身、世の中の常識なんて関係ないよと言いながら、他者の常識的な言葉に、ひっそり心惑わされたり傷ついたりしてしまう自分を、まだうまく処理しきれずにいます。

今持っているものを手放さなければ、次の道に踏み出せないとわかっているのに、不安をぬぐいきれないのです。

でも同時に、手放す覚悟をして具体的な準備を始めたこの4月からは、毎日が楽しくて仕方ありません。今後、自分が楽しめないことには一切時間をかける気はありません。自分にとって価値あるものは、お金でも名誉でも安定でもなく、自分に残された時間をどう楽しく生きるかということです。

日々の小さな一歩が、確かな歩みになると信じています。

広告を非表示にする