LIFE SHIFT

三十歳の原点~LIFE SHIFT~

社会人大学院生の日記。新たな働き方を模索中。

意味なんてない

f:id:chai-chan:20170417143936j:plain

手術から数週間が経った。体はすっかり元どおり、とまではいかないけれど、あんなに苦しんだ悪阻は手術当日にパタッとなくなって、術後の痛みも数日で消えた。表面上はまるで何事もなかったかのように、以前の生活に戻っている。

変わったことと言えば、私の体が回復していくのと反比例して、普段は風邪もひかない夫が珍しく肺炎で10日近く寝込んだこと。おかげで私は余計なことを考える時間もなく、夫の高熱を下げることに意識を集中させることができた。夫は夫なりに、私が想像する以上の苦しみを抱えていたんだと今更ながら気づかされた。そのあとは、締切間近の仕事や論文校正を粛々とこなしながら、なるべく暇を作らないように過ごしてきた。

日常生活で少し困ったのは、涙腺がコントロール不能になったこと。バスに乗っているとき、洗濯物を干しているとき、何か思い詰めて考えているわけでもないのに、突然ダーっと涙が流れるのをいまだに制御できない。悲しみに身を置き切って泣き尽くしてしまえば解決するんじゃないかと思ったりしたけれど、出し切った感情をどう回収すればいいかわからないし、回収できなければ出しきったままになってそれで自分はどうなってしまうんだろうと思ったから、とにかく考えないようにしている。

つまるところ、この結果は誰のせいでもない。統計的に誰にでも起こりうることで、それがたまたま私に起こったというだけのことだ。別に珍しいことでもなんでもないし、そこに意味なんてない。そう思っても、私は以前の私には戻れない。すべてが満ち足りて完全だと思えた暮らしに、不足を感じる。そのことが、自分を追い詰める。私たちはしばしば、自分でコントロールできないことに振り回されて、そのことに何らかの意味を見出したくなるけれど、そういう理由のないことを淡々と受け入れて生きていくしかないときがある。だったら、悲しみは悲しみのままにして、涙は流れるままにして、できるだけ明るくいた方がいいじゃないか。泣いても笑っても同じように時間が流れるなら、笑っていたほうがいいじゃないか。

世界は別に私のためにあるわけじゃない。だから、嫌なことがめぐってくる率は決して変わらない。自分では決められない。だから他のことはきっぱりと、むちゃくちゃ明るくした方がいい。

吉本ばなな『キッチン』)

少なくとも私たちには、もっとも辛いそのときに、笑う自由がある。もっとも辛い状況の真っただ中でさえ、そこに縛られない自由がある。

(岸政彦『断片的なものの社会学』)

キッチン (角川文庫) 断片的なものの社会学

 

広告を非表示にする