LIFE SHIFT

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三十歳の原点~LIFE SHIFT~

社会人大学院生の日記。新たな働き方を模索中。

親自身の世界を広げ続けることが、子どもの可能性を広げる

f:id:chai-chan:20170105100122j:plain

年末年始は、夫の実家で夫の親戚たちと過ごした。総勢20人ほど集まって、それは賑やかな年越しだった。親戚には以前も会っているのだが、会うたびに子どもが増えている。5歳児が走り回り、1歳児と2歳児がおもちゃを取り合って叫び、生まれたての新生児が泣く。ふだん子供と接する機会がないから、それぞれの子どもの違いが如実に見て取れて、いろいろと思うところがあった。

個性か、環境か

親戚に、両親共働きで小さいころから保育園に預けられて育った子ども(1歳男児)と、専業主婦が(保育所に預けずに)家で育てている子供(2歳男児)がいた。親戚が大勢集まって慣れない環境だったにも関わらず、前者の保育園育ちの1歳児は基本的に座って食事をし(動き回ることはあっても、また戻ってきて座って食事した)、両親が注意すれば反応を示し、叱られればちゃんと怒られた顔をした。一方、後者の2歳児は、動き回るのを親がスプーンをもって追いかけ、座って食事することが全くできなかった。注意してもあまり聞いておらず、一人遊びに熱中するばかりだった。

これに対し、「小さいうちからダメなことはダメと教えないといけないよ」とか「叱らないと、親のことを舐めてしまって言うことを聞かないよ」とか、周囲の親戚たちがいろいろと助言していた。後者の母親は、夫の転勤に付いて引越を重ねながら、実家から遠く離れた場所で専業主婦となって子どもを育てているので、こういった助言を有難がってよく聞いていた。

現時点において、この2人の子供の違いは、とりたてて問題視することではないのだろう。そもそも個性が違うし、保育所に預ければ良いしつけができて社会性が身につく、といった単純な話ではない。まずは両親がきちんと子育てをすることが大前提である。でも、多くの人間が関わって子育てしていくことの重要性が、何となく認識させられる場面だった。そのことは、私の今後の人生設計にも影響を及ぼしそうだ。

これまでのプラン

私たち夫婦には、まだ子どもがいない。年齢的にも今後のライフプラン的にも、そろそろ欲しい気持ちもある。いま私はフルタイムの仕事をしていないし、子どもが小さいうちは保育所に預けずに出来る限り自分で育てたいから、今なら絶好のタイミングなんだけれど、なかなかうまくいかない。といって、新しい仕事を見つけてしまってからすぐ妊娠となると、それはそれで大変だ。やっぱり出産してから再就職を考えるのがスムーズなんだけど、でもできない。このままだと出産が遅れるだけでなく、再就職もどんどん後ろ倒しになって、年を重ねるほど就職に不利になるのに。そんな気持ちばかり募って、現実が追い付いてこない。

そもそも保育所に預けずに自分で育てたいと思ったのは、乳児期に親の愛情をしっかりと受けることが、子どもの人格形成にとって重要と言われているからだ。少なくとも2歳くらいまでは自分で育てて、その後に子どもの状態を見ながら預け先を探していこうと、これまでは考えていた。

・幼い子供は、たいていの物質的な環境はそのまま受け入れ、適応する。子供にとって重要な環境とは、いうまでもなく愛情と保護である。その中で子どもは、自分が安全に守られた存在であり、より大きな存在としっかりつながっているということを、体と心で身に着けるのである。この人格形成のもっとも根幹となる過程は、およそ満2歳までに行われる

・乳児期が終息に近づき、よちよち歩きを始めた頃から、子供は次の段階を迎える、およそ1歳半から3歳までの期間だ。この間に、子供たちは徐々に、母親から分離を成し遂げる。この分離がスムーズにいくためには、母親が、子供を見守り、その欲求をほどよく満たしつつ、同時に徐々に自分の手から放していかなければならない、この母子分離の過程が、あまりに急速過ぎたり、逆に母親が手放すのを躊躇したりすると、分離固体化の課程に支障をきたす。

岡田尊司「パーソナリティ障害」)

親が社会とどう関わって生きているのかを、子どもは見ている

これまでのプランどおり、保育園に預けずに家で1:1の子育てをしたらどうなるか。親戚の子どもたちを見ていて改めて考えた。

孤独な環境を愛する性格であるうえ、知人のいない土地に引っ越してきたばかりの身としては、おそらく1:1でじっくり子どもに向き合う濃密な時間と引き換えに、社会から子どもを切り離してしまうのではないか。場合によっては、偏った独断的な子育てをしまう可能性もある。なんでも相談できる母親はもう亡くなってしまったし、実家も義理の両親も遠く離れた場所に住んでいて、年に数回は会うだろうけれど日常的に関わってもらうことは難しい。

つまり、私自身が積極的に社会と関わっていかない限り、子どもと社会との接点が制限されてしまう可能性が高い。「一人が好きだ」という私自身の性格の問題で、子どもと社会の間に見えない壁を作るようなことは望まないのに。保育園に預けず自分で育てようと思ったのは、それが子供の成長にとって最善の方法だからであって、自分のエゴのためではない。

子育てには、他人の目が必要だ。たくさんの人に関わってもらう環境が必要だ。それには、ママ友を作るのでもいいし自治体の子育て支援メニューを活用するのでもいいかもしれないけれど、やっぱり私は働きたい。働くことで、社会との接点を増やしたい。親自身が自分の世界を広げ続けることが、子どもの世界を、子どもの可能性を、広げていくことにつながると信じたい。親が社会とどう関わって生きているかを、きっと子どもは見ている。結局のところ、親が満足のいく生き方をすることが子供のためになるのではないか。

 

そんなことを悶々と考えながら、2017年を迎えた。まだ答えは出ないけれど、ぼちぼち本気で仕事を探してみようと思っている。

 

 

賢者でもなく愚者でもなく

ちょうど1年前の今ごろ読んでいたマツコの対談集。

続編を見つけたので読んでみたら、刺さる刺さる。

愚の骨頂 続・うさぎとマツコの往復書簡

私は知性が欲しい。この暗い迷妄の道を照らす確かな灯りが欲しいのよ。だけど、それらしきものを手に入れた途端、自分が賢者になったつもりで別の迷妄の闇に堕ちていくことが目に見えている。私はそれが怖いの。私が過去の自分を脱ぎ捨てて、何か偉くて崇高なものになろうとする、その醜い野心が怖いのよ。(中略)私は誰より競争心の強い浅ましい人間だから、この「賢者の罠」に堕ちやすい。だからこそ、「愚者の自意識」を手放してはならないのよ。

最近、自分で自分に、何様のつもりだ、と唖然とすることがある。家族や知人に対して厳しい視線を投げかけることもあれば、研究者として自分を大きくみせようとすることもある。誰も傷つけていないような顔をして、ものごとの実相が見えているようなフリをして、その実なにもわかっちゃいない。誰かの言葉に傷つけられようものなら、相手を見下して自分の世界から排除することで相手にしていないふりをする。プライドの高い賢者になるでもなく、卑屈な愚者になるでもなく、フラットな立場でしなやかに知性を身につけていくことって、こんなに難しいことだっただろうか。

 

・今までいろんな人間に良かれと思ってお節介した結果、その人たちを逆に潰してきた。(中略)それってぇのも、私が「誰かの役に立ちたい」と願っているからだと自分では思ってたけど、よくよく考えれば単に自分の力を誇示したいだけの自己満足だった。

・それは非常に自己中心的かつ支配的な「繋がり」だから、本物の「絆」にはなりえないのね。

・孤独への耐性と他者へのリスペクトあってこその「絆」なんだわ。

最近知り合った人は、とても魅力的で親切な人だった。美しくて、自信に満ち溢れていて、エネルギッシュで、人を巻き込んで物事を進めていくのが得意な人。でも、次第に見えてきたのは傲慢さだった。「あなたのために」と言いながら、肝心なときに「自分(エゴ)」が顔を出す。かゆいところに手が届くというレベルを超えて、ここがかゆいはずよ、私にはわかるのよ、と勝手に掻いてくる感じ。あなたも気づいていなかったところを見つけたのは私よ、と臆面もなく言ってしまうような。彼女に足りないのはきっとこれだ。

 

アタシはまだ、自分の本当の急所を知らないで生きている。もちろん、そんなこと万人が知らなくても構わないことだし、知っているからって、その人が偉大な人ってことでもない。が、どこかでアタシはそれを知っている人は偉大だという想念があって、自分の本当の急所を、これまでの経験の記憶の中にいる自分を総動員して、知ったつもりになっているのではないかと自己憐憫しながら発言しているわ。(中略)自分を盛って自虐しているんじゃないかと怯えにも近い感情で生きているのよ。

他人の言動を理不尽に感じたとき、それに抗議しようとする自分を抑えこむことが割とある。そんなとき、ここで闘わなくてもいいんだ、ちっぽけなプライドを守るためにこんなやつと同じレベルに落ちる必要なんてない、私には闘うべき場所が他にあるんだから、そう思って溜飲を下げることがある。でも、本当に闘うべき時がいつなのか、分かっているとは言えないことにも何となく気づいている。自分の急所って何だろう。読み終わったあとも、この問いがいつまでも心に残る。

女一人旅にはバルト三国がオススメ?テロ危険度など

f:id:chai-chan:20161229013314p:plain

※冒頭画像:https://retrip.jp/articles/746/

早くも、来年1発目の旅行先を検討中。今回も、もちろん女一人旅です。

ヨーロッパの「テロの脅威」マップ(2016年版、英国外務省)

f:id:chai-chan:20161229004603j:plain

2016年の半ば頃に出た情報のようなので最新ではありませんが、ヨーロッパ諸国でリスクが低いとされている国(黄色:レベル1)は、スイス、ポーランドチェコハンガリーエストニアラトビアリトアニアスロベニアくらいしかありません。

なかでもスイスが魅力的でしたが、(ISIS関連のテロではないものの)先月チューリヒのモスクでソマリアイスラム教徒が銃撃されるなど、少し不穏な状況があります。

行ったばかりのポーランドチェコは、何度でも行きたいくらいお気に入りではありますが、せっかくなら違う国へ。

そこで候補に挙がったのが、バルト三国です。

バルト三国は、女性一人でも非常に旅がしやすい

ヨーロッパの他の国と比べて、マイナーなバルト三国。参考にしたブログによると、次の理由から非常に旅がしやすい国々らしい。

1.治安が良い

2.英語が通じる

3.物価が安い

4.ご飯がおいしい

5.無料wi-fiが多い

6.観光・交通インフラが整っている

7.町が小さいので周りやすい

8.アジア人に変な感情がない(差別的でない)

9.食事に困らない

10.程よい異国感

ならば、北欧もセットにしたい。危険度は?

バルト三国まで行くなら、北欧にも足を延ばしてみたい。そこで、再び先ほどの「テロの脅威マップ」をチェック。北欧諸国はバルト三国よりも危険レベルが少し上がって、ノルウェーフィンランドでレベル2(脅威は低い)、スウェーデンでレベル3(脅威は高め)。ここで念のため、スウェーデンを検討から外します。

次に判断材料としたのが、各国のイスラム人口。

f:id:chai-chan:20161229010749j:plain

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/9030.html

これを見ると、テロ脅威レベルが高い国は軒並みイスラム人口が多いことがわかります。北欧は比較的イスラム人口が少ないように見えますが、特にスウェーデンは昨今、移民を大量に受け入れており、現在は大幅に増加しています。その中で、フィンランドは人口も割合もかなり低い状況と思われます。

あくまで個人的見解ですが、イスラム系移民の多い国はテロの標的になりやすいと私は考えています。これはイスラム教徒への差別でもなんでもなく、単純に自分がテロリストだったら、紛れやすい国を選ぶだろうと考えるからです。その点、フィンランドイスラム系人口が少なく、あとはイベント時期などを避ければある程度リスクを回避できるのではないかと考えました。かなり甘い推論ではあることは否定できませんが、最終的には自己責任です。前回のチェコ訪問の際も、同様の検討をしました。

船で国境を越えるというロマン

フィンランドバルト三国を組み合わせた場合、船で国境を越えるのが一般的らしい。

飛行機や鉄道での国境越えは経験ありますが、船というのは未知の世界。しかも、十何時間も閉じ込められるような船旅ではなく、2~3時間で済むというのも精神的な負担が軽い。調べてみると、かなり立派な大型客船のようで安心感もある。魅力的。

ただ、北欧の物価の高さは周知のとおり、食事するにも移動するにも宿泊するにも、お金がかかりすぎる。

しばらくはまだ検討が続きますが、今のところ「フィンランドバルト三国」が第一候補です。

 

日常を緩やかに管理する

昨日に引き続き来年に向けて。

今年は基本的に夜型生活で、自分の気分次第で1日10時間以上パソコンにかじりついて研究を進めたかと思えば、翌日は1日中寝てる、みたいな自由奔放な暮らしをしていました。それはそれで、これまでの長いルーティンのストレスを解消するのに役立ったと思うのだけれど、このままでは物事が遅々として進まない。ということで、来年は1週間(平日)の過ごし方をきちんと習慣化することから始めたいと思います。

計画倒れにならないために。レビューする

ノマドワーカーの働き方を参考に、始業後15分と就業前15分で計画+レビューを行うことにします。今年はどちらかというとレビューの方を重点的に。立花氏のレビュー項目を参考にします。

ノマドワーカーという生き方

【今週の出来事】

1日の出来事を1行で書き出す

【質問への回答】

・この1週間の大きな出来事トップ5

・この1週間で私が学んだことは何か

・今週、自分が最も誇れることは何か

・今週、自分がやったことで最も楽しかったことは何か

・来週、何をすればもっと楽しくなるか

・来週< >の目標を達成するために何をすればよいか

・私は< >に苦労している。これをもっと簡単に行うために何ができるか

・直感が私に一つアドバイスを与えるなら、それは何だろう

2017年の平日の過ごし方(案)

f:id:chai-chan:20161229112953j:plain

これでもだいぶ奔放なスケジュール感ですが。緩やかな管理のもとで、試行錯誤しながら、習慣化できるスケジュールを模索していこうと思います。

 

年の瀬に、人生の6本の柱を考えてみよう

年末は、今年やり遂げられなかったことがドーンと胸に押し迫ってきて、これではいかん!と新年に向けて新しい計画を立てたくなる時期。普段はハウツー本的なものはあまり読まないのですが、これはいろいろ参考になるところが多かったので今更ですがご紹介。

夢に日付を! 【新版】 夢をかなえる手帳術

人生の6本の柱とは

この本では、人生の6本の柱に沿って5年後のビジョンを描いていくことを提唱しています。その柱とは、

①仕事

②家庭

③教養

④財産

⑤趣味

⑥健康

 で、それぞれ「5年後になっていたい自分」を「想像力を妥協しない」(ココ大事!)で目いっぱい欲張りな夢を描くというもの。人間、自分が思い描ける夢以上の成功はめったにない、ということですね。

私の場合

5年後は2021年、38歳。わぁ。

5年後というとそれほど遠くない未来に感じられるけど、年齢で考えると途端に焦りが。企業で言えば中間管理職、人生の折り返し地点に足を掛けて円熟してくる年齢。

死ぬまでにやることリストを参考に、5年後になりたい自分をできるだけ欲張りにイメージ。

①仕事

・博士号取得

・大学で常勤職として働く

科研費取得

・収入の3割くらいをフリーの仕事から得る

・論文10本書く(最低年2本ペース)

・英語で研究発表、論文執筆を日常的に行う

②家庭

・出産

・夫婦仲良く

③教養

・本を1,000冊読む(年200冊→月17冊→週4冊ペース)

・初めてのことを10つ体験してみる(年2つペース)

④財産

・新たに1,000万円貯蓄

・ピアノを買う

⑤趣味

・最低5カ国に旅行(年1回ペース)

・普段着として着物を着る(週1ペース)

・ブログ継続

⑥健康

・病気をしない

・ヨガを継続して、正しいポーズが取れるようになる

ハーフマラソンで2時間を切る

夢を具体的な計画に落とし込んで、実施状況を振り返る

イメージを描いたところで終わってしまっては勿体ない。

これらのイメージを達成するためにすべきことを、年間→四半期→月→週と落とし込んでいって、最終的に日々のタスクまで計画を立てる。そしてその期間が過ぎたら、きちんと振り返りをして、どこまで計画が進んだのかをチェックしていく。これを繰り返すことで目標を具現化できるらしい。

計画を立てるのは楽しいけど、計画倒れで三日坊主になりがちなので、計画とレビューを繰り返すことを今年なんとか頑張ってみたいと思います。

2016年の振り返りと2017年のやることリスト

f:id:chai-chan:20161229001116j:plain

穏やかな日々はあっという間に過ぎて、2016年も残り3日。

今年、個として何を成し遂げたか考えようとすると、情けなさと焦りが急激にこみあげてくるけれど、それをあえて考えなければ、愛する夫とノンストレスな新婚生活を送れたし、国内外いろんな場所に行けたし、総じて良い1年だった。そろそろこの「人生の夏休み」的な日々から、本格的に復帰する準備を整えないといけないな、という気持ちになるくらいには十分に心が充電された。

ということで、個人的なメモになりますが、まずは今年の振り返り。それを踏まえて2017年のやることリストを整理。

今年やりたかったこと、達成状況

8つのリストのうち、達成できたのは次の3つ。少ない・・・。

1.論文を最低2本投稿

5.海外旅行(最低1回)

6.ハーフマラソン出場

合わせて、死ぬまでにやることリストは4つ実行した。

アウシュビッツ収容所に行く

プラハでオペラを観る

ハーフマラソン完走

・自分で着付けする

2017年のやることリスト

1.論文を2本投稿(英語論文含む)

2.フリーランスの仕事を定期的に受注する(最低週1)

3.英会話を毎日やる

4.ブログを毎日更新する

5.海外旅行(最低1回)

解説

論文は今年同様だけど、できれば博論の目途をつける年にしたい。

フリーランスの仕事は、今年始めてみたものの不定期にしか仕事を受注できなかった。いろんな提案をして仕事を増やしていきたいところ。

今年まったく達成できなかったブログと英会話の目標は、性懲りもなく来年も設定。計画倒れに終わりがちなので、①規則正しい生活と②計画の振り返り(達成状況の確認)で対処してみます。

海外旅行は、2~4月の間にまたヨーロッパに一人旅の予定。

 

※冒頭画像:https://unsplash.com/search/snowman?photo=WjqEDAsn_nI